身につけた“経験”を
チームで共有したい

ソフトウェア事業部 岩澤 莉々子

2013年入社

2013年度入社の岩澤は、就職活動時に必ずしもSEを志望していたわけではありませんでした。むしろ「長時間勤務のイメージもあるし、体力的に務まるかどうか…」と、あまりいいイメージを抱いていなかったといいます。そんな岩澤がアカセに興味を持ったのが、就職活動における合同説明会で、人事担当からアカセの強みだけでなく、弱み、今後の展望などまで誠実に説明を受けたことだったそうです。

強みだけでなく“弱み”も説明してくれた人事の誠実さが好印象

大学で情報処理系を専攻していたこともあり、SEも就職先の選択肢には入っていましたが、SEを志望していたか、というと、そういうわけでもありませんでした。むしろ、勤務時間が長時間にわたることなどから、果たして自分に務まるのかを疑問視すらしていました。実際、就職活動では、マーケティングなど他の分野を中心に考えていたくらいです。

そんな私が、アカセを知ったのが合同説明会でのこと。人事担当にアカセのブースに招かれ、事細かに説明を受けたのがきっかけでした。そのときも「地図情報を用いたGIS? 専門知識が必要そうで、とっつきにくい…」というが正直な第一印象でしたね。

しかし、SEに対するイメージや専門知識への不安は、この時の人事担当からの説明で徐々に解消されていきました。アカセ以外にもたくさんの会社の人事の方とお話をしましたが、普通はその会社の長所を前面にプッシュしがちだと思います。でも、アカセの人事担当はとても誠実でした。アカセの強みだけでなく「現在の社員数ではカバーできていない業務もある」といった“弱み”も隠さずに説明してもらえ、さらにその弱みをカバーするための今後の展望などの話も明確でした。

この誠実さであれば、社員はもちろんお客様やパートナー企業の方まで大切にする会社なのではないかと思い、とても良い印象に変わっていったんです。

また、仕事内容も中小企業でありながら、大規模案件の上流工程の仕事にも関われるので、早いうちから質の高い経験が積めるのではないかと思い、「アカセでSEになる」というビジョンを持つようになりました。

「どうすればいいか」を上司や先輩が親身になって考えてくれる

実際に入社してからわかったのは、専門知識は後からついてくるということです。もちろん努力は必要ですが、お客様との信頼関係があるので、上司だけでなくお客様にもいろいろ教えていただきながら、育てていただいています。

現在、GIS(地理情報システム)に関する業務を担当していますが、大きいプロジェクトから小さいプロジェクトまで幅広く関わっています。仕様検討、セットアップ、現地導入、その後の保守まで、プロジェクトによって携わる範囲はさまざまです。

初めてのことでわからないことがあったり、プロジェクトの予想外の進行で業務が集中してしまったりする時は、自分で抱え込むのではなく、どうすればいいか上司や先輩に相談します。すると“会社にとって”だけでなく“私にとって最適な対処法は何なのか”を親身になって考えてアドバイスしてもらえたりして、とてもありがたいことだな、と思っています。

専門職はやはり経験がものを言いますが、私も仕事を通じて身につけた経験を、新たに入社してくる方たちに伝えていきたいです。

アカセの魅力を
ひとことで言うと?

チームワークが強いこと!

初めての長期プロジェクトでは、任せてもらえる仕事の量も多かったので日頃の生活での体調管理には特に気を使いました。また、納期や追加仕様検討などのプレッシャーをいかにモチベーションアップに繋げるか自分との闘いでもありました。そんな時にも助けてくれるのがチームのメンバーでした。強いチームワークで、お互いに補い合いながらプロジェクトを進めることができたので、達成感も共有でき、喜びもひとしおでした。

1日のスケジュール
9:00出社
9:15メールチェック
9:30セットアップ作業
12:30ランチ
13:30セットアップ作業
15:00小休憩
18:00退社

アカセの未来を創る、
仲間を探しています。